ゴリラのじゆうちょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

控えめに言って地獄

お久しぶりです、広告が出たので更新します


早速ですが最近になって急に暑くなってきましたね
梅雨もそろそろ明けるそうですしいよいよ夏本番ってところでしょうか

僕は先日ふと思い立って特にやることもないのに地元の山梨に帰ったのですが、山梨はさらに暑かったです
なんかよく分からないんですけど山梨は周りが山に囲まれているために雲がかかりにくく、日照時間が長いため暑くなるそうです
俗に言うところの甲府盆地ですね
正直盆地に関しては適当に言ったので正しいか分かりませんが本記事には全く関係ないので流してください
ただ暑いという事だけは本当で僕が帰った日は35度とかになってました、まだ7月なんだが
あの暑さはもう控えめに言って地獄でしたね


そこで僕はこう考えたのです
「控えめに言って地獄」の対偶をとってみたい、と
対偶ってのは論理学で使うアレのことですね
所謂、命題「AならばB」に対する「BでないならAでない」ってやつです
また前文の初めに「いわゆる」って言う字を漢字にしたのはかっこいいからです
ちなみに「AならばB」に対する裏は「AでないならBでない」、逆は「BならばA」です

ここで対偶の重要な性質として「命題とその対偶の真偽は必ず一致する」というものがあります
簡単な例を挙げますと、
命題:「外で裸ならば捕まる」
これは明らかに真ですね、暑いからって外で裸でいるなら捕まって当然です
・対偶:「捕まっていないならば外で裸ではない」
確かにこれも真と言えます、警察に捕まっていないならば最低限その人は裸ではないはずです
このように命題と対偶の真偽は必ず一致するのです


さて本題に戻ります
僕は「控えめに言って地獄」を命題と見立てて対偶をとりたいと思っています
そうすれば対偶をとったものと元の文章の真偽は一致するはずです

さて導入でもつい口にしてしまったこちらの文章の対偶をとってみます
命題っぽく言うならば「控えめに言うならば地獄」ですかね、ここではAが控えめに言う、Bが地獄です
つまりこの命題の対偶をとるとこのようになります
「地獄ではないならば控えめに言っていない」
は?何言ってんだお前
もうちょっと噛み砕きましょう
「地獄ではないならば」の部分ですが、地獄じゃないならきっとここは天国でしょう
次に「控えめに言っていない」の部分、控えめに言っていないってことはこの人は単刀直入に言っているわけですね
つまりこの対偶は「天国ならば単刀直入に言っている」という意味に解釈できます
え!?じゃあこの人って控えめに言うと地獄とか言ってるけど単刀直入に言うと天国って思ってるってこと!?!?え!?!?!?
やだ、小生暑いのやだ!あああああああもうやだああああああ!!!!



……パアア……
僕「この光は…?」
論理の神「すぎんちゅよ…」
僕「か、神様!?!?」
論理の神「お前は『天国ならば単刀直入に言っている』っていうのを勝手に『単刀直入に言うと天国』をとったじゃろ…」
僕「あっ…!」
論理の神「論理の性質として逆や裏の真偽は必ずしも一致する訳じゃないんじゃよ…」
僕「そうだった…僕はてっきり…」
論理の神「ほっほっほ…間違いは誰にでもある…」
ミカ「大切なのはそこから何かを学ぶってことさ」
カンテレ「ポロローン」
僕「みんなありがとう!午前3時にこんなクソ記事書いてる場合じゃないって学んだよ!」
論理の神とか「分かればいいのじゃ…またいつか会おう…さらばじゃ…」
……ポロローン……

CMirZQfUsAAa2M_.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pattulaaaa.blog.fc2.com/tb.php/28-565e0e41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。